2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島敦、いいですよね。 - 2010.12.10 Fri

好きな作家と言われて一番に思い浮かぶのは中島敦です。
出会いは教科書の「山月記」だったのですが、その文体とリズムにまず魅せられ、
現文の授業中、一人で隠れて泣いていたという。
そんな今となっては微笑ましい(もしくはちょっと引く)エピソードがあります。
ちなみに音楽の時間「ラ・カンパネラ」を聴いて同じく泣いた。
かんじゅせいゆたか、と言えば聞こえが良いですね!

まあ、とにかく最初はその文章の心地よさに惹かれたんですが、
去年中島敦没後100年、もしくは生誕100年ということでいろんな研究書やらが沢山出版されたので
これを機に他の観点からもう一度アプローチしてみようと思ったのです。
そしてその計画は遅々として進んでおりません。

ちくま文庫から全集が三冊出てるんですが、
中島敦の著作はやっぱり少なくて、読んだら終わってしまう……と思うと、大事にゆっくり読みたくなってしまうんですよ。
とっておきたくなってしまう。
まあ、結局ちまちま大事に読む訳なんですが。

今年の目標は「山月記」を暗記することだったのですが、志半ばのまま年越しを迎えそうです。
なんで暗記しようと思ったかというと、
もし何もない無人島に行き着いたりしたら、何か一つ好きな物語を自分に語って聴かせてあげたいと思ったからです。
どういう妄想しているのか謎ですね。
昔演劇部に入っていたのですが、最近ふと外郎売りを暗唱しようとしたら最後までたどり着けませんでした。
あの時期死ぬほど練習したのに。
つかえるとか、言葉が出なくなる、とかではなくて、途中でどういうわけか順番を間違えているんでしょうね。無限のループに陥ります。
いつまでたっても終わらない外郎売り。地獄です。

結局何を話していたのかだんだん思い出せなくなってきましたが、
とある作家の方のサイトで「好きな作家」の項目に「中島敦」と書かれていたのでテンションが上がったという話です。
思わず拍手メッセージを送りかけ、いやいきなりおかしいでしょう、と思い直し、しかし興奮が冷めずに今に至るというわけです。

中島敦、いいですよね。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kamikamikamio.blog136.fc2.com/tb.php/8-047b1054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あけましておめでとうございます。 «  | BLOG TOP |  » 『迷走×プラネット』SS 「あの透明感と少年」  (追記あり)

プロフィール

神尾アルミ

Author:神尾アルミ
小説書いてます。

横浜在住。
小学生のとき「ゴジラVSモスラ」をみてバトラの最期に号泣。モスラのファンになりゴジラに怒りを覚える。が、その後思春期を経てゴジラの魅力に気づき現在はゴジラファン。
ガメラ、エイリアンも好き。スイカが好き。子どもも好き。食べ物は無難なものが好き。
一年の中で一番五月が好き。季節的には夏が好き。

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
小説のこと (9)
日常のこと (9)
SS (1)
少女小説家のネタ帳 (7)
同人誌 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

検索フォーム

最近読んだ本

かみーおの最近読んだ本

最近観た映画

神尾の最近観たビデオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。